現代妖怪 その八「雷小僧(かみなりこぞう)」

LINEで送る
Pocket

妖怪 雷小僧

妖怪・百鬼夜行 その八「雷小僧」

妖怪名 「雷小僧」(かみなりこぞう)
現れる場所 北米(北アメリカ) ※注 この雷小僧のみ
大きさ 100cm(20mまで大きくなれる)
特長 見た目は幼児の様だが、実は齢3000歳。

長く生きているので、霊力が非常に強く、雷族の中でも5本の指に入るほどの実力の持ち主。
太鼓などの道具を使わずとも、2つの角から縦横無尽に、雷を落とす事が出来る。
妖怪と言うよりは、神様の眷属に近い。

雷を落とすときは、たいてい腰を振り、踊りながらする事がおおい。

現在は、北米地方を担当している。

本当の名前があるのだが、その名前が明かされることはない。
また、本当の姿もあるのだが、雷族の仲間が恐れるので、幼児の姿をとっているようだ。

妖怪 雷小僧

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です