忍者の情報伝達手段「五色米」の実践活用

 

 

黃忍流「五色米」活用術

 

 

おや、おや

 

朝から黄忍の姿が、見えないと思ってたら、

こんな所にいてるじゃないですか。

 

 

名称未設定1

 

 

だめですねー

 

忍務をサボって、こんなところで油を売っていいたら。

 

忍務放棄ですか

 

これは、懲罰ものです!!

 

 

つれて帰って、上忍にこっぴどく叱ってもらいましょう!

 

 

 

 

 

ん?!

 

しかし、ちょっと様子がおかしいですね

 

 

2

 

 

なにか、落ち込んでいるような、悩んでいるような、、、、

 

 

 

 

 

どうしたんでしょうか?

 

ちょっと、近づいて見ましょう。

 

 

 

3

 

 

おや、なにやら五色米が見えますね。

 

五色米で何かを作っているようです。

 

 

こっそり、のぞいてみましょう

 

 

 

4

 

 

 

 

ん、

 

 

6

、、、、

 

 

 

 

 

 

んーーー

 

 

 

、、、これは、、、

 

 

 

、、、見なかったことにしておきましょう

 

 

、、、、

 

 

それがいい、うん。

 

 

 

 

 

しかし、

 

黃忍さん、、、

 

五色米は、そんな使い方しないですから。

 

 

 

LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

よろしければ、上のボタンで紹介してもらえるとうれしいです〜






ー 忍者ポンのソーシャルメディア ー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です