コンテンツマーケティングとの違い

近ごろ、WEBマーケティング業界では、「コンテンツマーケティング」が注目されています。

検索の対策であるSEOも、コンテンツ重視となっているし、WEBプロモーションもコンテンツマーケティングが主流となっているようです。

有名な所では、冬用のスタッドレスタイヤのWEBプロモーション「雪道コワイ」は、大大成功をおさめており、広告効果として数億円の価値があると言われています。

ちなみに、こちらがそのYouTube動画です。
※ほんとに閲覧注意です。

 

コンテンツマーケティングの最も良い所は、バズ(口コミ)が起こりやすことですね。

今はソーシャルメディアの時代なので、バズが起こりやすく、コンテンツが優れていれば大きな効果が得られます。

僕も、仕事ではコンテンツマーケティングをやることが多くなってきました。

 

コンテンツマーケティングとコンテンツクリエイションの違い

と言う事で、この「コンテントイ」で行っているコンテンツクリエイションと、コンテンツマーケティングはどう違うかです。

仕事の雑談で、「趣味でコンテンツクリエイションの活動をしてるんですよ。」と話すと、

「あ。コンテンツマーケティングですね。」と言われます。

これは、凄く似た所もあるんですが、根本的な所が違うんですね。

実際、コンテンツマーケティングをされている方々も、コンテンツクリエイターと呼ばれていますので、混同されるのも仕方の無い事でしょう。

結論から言いますと、最もの違いは、ビジネス目的かどうか、と言う所です。

コンテンツマーケティングの場合は、ビジネスの目的があって、それを達成させるためにコンテンツ作りがおこなわれます。

コンテンツクリエイションは、ビジネスの目的は一切無く、コンセプトに基づいてクリエイション(創造)していくものです。

 

まあ、どうでも良い事といえばどうでも言いですが、やっている事は似ていても、目的が違うと別物と言うお話です。

これから、コンテンツクリエイターが増えていけばいいな。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です